高知の海 『ジンベイスイム』

 昨日!

行ってきました!

ジンベイスイム!!




日本で唯一の企画です。

土佐清水市/ジンベエザメと泳ごう! ジンベエスイム




高知県の最も南にある土佐清水市


その以布利漁港は定置網を使った漁業が盛んで、


その定置網に、ジンベイザメがちょいちょい間違って入ってくるんです。



以布利ではそのジンベイくんを捕獲し、専用の大型水槽で飼育。

(↑海遊館 以布利センター第2水槽)


(横の窓から中の様子が見える♪)


水槽の環境に慣らしたあと、

大阪の海遊館へ届けたりもしてます。

詳しくはこちら
ジンベイザメ百科 海遊館にやってくるまで



そして!そして!

その以布利では、夏の間の約3ヶ月間だけ、

ジンベイスイムを開催してるんです♪



ジンベイスイムと言っても、この水槽の中で泳ぐのではなく




以布利漁港の沖合300メートルのトコに巨大イケスを作り

その中で一緒に泳ぐんです。



水温が低下する10月半ばごろまで飼育されるみたいで、

約3ケ月間限定の企画。







沖縄にもあるみたいやけど↓


沖縄で巨大なジンベエザメの間近で泳げる!シュノーケル・体験ダイビング


網の外からだけみたい。。。






2〜3日前に、まずは電話で予約。。。

今回お世話になったのは、土佐清水市内にある

足摺ダイビングセンターさんです。


そして、当日

朝、5時半高知出発、

まだ、明けない空の下、車飛ばして3時間ほどで

足摺ダイビングセンター へ到着


受付と身支度を整えて、

そこから車で約5分ほどの以布利港へ移動

そして、ジンベイの待つイケスへ出航です!


これが、そのイケス!





ドキドキしながら、船からドっボ〜〜〜んとエントリー。


ほんなら、




ぬ〜〜〜〜〜っ!っとゆっくり近寄ってきました。




ほんまにでっかい!!!

しかも、2匹います♪




水族館でみるより、かなりの迫力です!

近寄ってタッチもできます♪


ジンベイザメは、おもにミジンコやオキアミを海水ごと飲みこんで

捕食するので、噛まれる事は一切ない、ほんとに温厚な動物ですので

安心して近寄れます。


でも、シッポのトコは、さわるとびっくりして、

しばかれる可能性があるので、気をつけて下さいね。


あ、あと、船酔いが気になる方は、

ぜ〜〜〜ったい

酔い止めを飲んでたほうがいいです!


結構あたし、平気なほうなんですけど


ぐるぐる回る、ジンベイくんを追っかけてたら

酔いました。(T▽T;)





ジンベイスイム


是非行ってみるべし!です。


10月半ばまでです!

お早めに!


===========
   ジンベイスイム
===========

以布利港沖合300メートルの所に、約25メートル四方
くらいの巨大イケスを設置。
その中で、一緒に泳ぎます。
水温が低下する、10月中旬まで飼育。その後は黒潮にか
えしてあげるそうです。
*要予約

【時間】(30分前に、ショップに集合)
・9:00 11:00 13:00 16:00港出発
(1日4回就航 1ダイブ約60分)

【基本参加費】(1回)
シュノーケル…8,000円
ダイビング…12,000円

【機材レンタル】
(一式)
シュノーケリング…2,000円(計10,000円)
ダイビング…4,900円(計16,900円)
(単品)
ウェットスーツ…1,000円
レギュレター…1,500円
B・C…1,500円
ウェイト…300円
フィン…300円
ブーツ…300円
マスク…200円
グローブ…100円


【お問い合わせ】
足摺ダイビングセンター
〒787-0321 高知県土佐清水市浜町3-3
・TEL(0880)82-0477
・FAX(0880)82-4263
http://www7.ocn.ne.jp/~adc/




高知の海 『大月町竜ヶ迫』

 

キレイでしょ?ヘ(゚∀゚*)ノ





ココは、大月町竜ヶ迫にある通称『婆浜』


高知市内から、車で3時間ぐらいの所にあります。





じつは、

地元のおばあちゃんが住んでるお家のプライベートビーチなんですが、


ちょっとお借りする感じで、利用させてもらってます。


(私有地なんで、ちゃんと、みんなルールを守ってね)



ちなみに、


ダイバーの方の間では、結構人気のスポットでして


この時期連日ダイバーさん達もいらしてます。


かわりに、この浜のメンテナンスや、清掃などしてくれてたり、


持ちつ持たれつのいい関係が築けてる、アットホームな場所なんです。





この日、折からの大雨で、海は濁ってるかも…


と一抹の不安を抱きながらでしたが、


びっくりするぐらいの透明度でした。



これで、水深4〜5メートルの所。





光が差し込むと、魚達が踊ってるみたい!

海のキレイな大月町、さすがです!



今回も、素潜りだったけど、十二分に満喫できました。


↑あたくし



こんな感じで、水深5〜6メートル付近で、遊んでたら




背後から、いきなりダイバーさんが現れたんで、

ちょっとびっくりして海水飲んでしまいました。。。


ゲボッ!!(@Д@;




大月町竜ヶ迫『婆浜』…の画像はこちら ↓↓↓

2012.8.23 Skin Diving 大月町竜ヶ迫婆浜








たらふく海を満喫した後は、

たらふくご飯を頂いちゃいます!




宿毛市平田にある、天下茶屋です!

(↑詳しくはこちら


鉄板でジュージューいいながら食べる、天下茶屋流焼肉は

めっちゃおいしくって

ホントに、ごはんがススムススム!!


結局・・・

ご飯『中』たのんで、足りなくて

また『中』たのんでしまい、妊婦さんのようなおなかになりました。

(食べすぎ…(;´▽`A  )




至福の時♪〜からの地獄


ここから

至福のまんま、高知に到着する方がほとんどなんですが

必ず、ただ一人、地獄を味わうハメになる人がいます。



・・・そう、運転手



たらふく海で遊んで、たらふく美味しいもん食べて


…のあとの、睡魔。。。




コイツと闘いながらの、高知までの道のりは



ハンパないほど過酷です。。。。




下手したら、ホンマに死にます。





みなさん、くれぐれも運転には気をつけてくださいね!!!






さて


今回の行程です。(・ω・)/



AM5:00 …高知市内出発

 ↓

AM8:30 …婆浜到着

 ↓ たらふく海を満喫

AM11:30 …婆浜出発
 
 ↓

PM12:15 …天下茶屋到着

 ↓ たらふくご飯

PM1:00 …天下茶屋出発

 ↓ アタシ以外みんな爆睡

PM3:30 …高知市内到着




所要時間10時間30分
(結構キツキツのスケジュール)





=感想=

雨じゃなかったらな〜〜〜

ほんとは、もうちょっと海にいる時間を増やしたかったですね〜。



やのまいでした!(・ω・)/





高知の海 『大月町白浜』

すみませんっっ!


夏も終わりだというのに、この話題。。。


実は、一昨日行ってきたばかりのホットな情報でして…

とってもいい場所を発見したんで、ご紹介してみたいと思います。

(・∀・)♪



先日、ご紹介いたしました。
大月町柏島は、ちゃんと海水浴場としての設備もあり
そして、アクセスも抜群の海なんですが

同じ大月町でも、今回の場所は、

知る人ぞ知る。。。穴場的な場所なんで、

ちょっと国道からは少し離れ、
設備うんぬんは何もない場所ではありますが、

手つかずの自然・海が満喫できる

言わばプライベートビーチなような場所でした!


…ということで、

その点、ご了承頂ければありがたいです。

(・∀・)/




さて、その場所は、

大月町白浜

googleマップから衛星写真をみると、

二つ真っ白の砂浜が見れます。

途中、国道321号線から県道357号線に入り山道を15分ほどくねくね行き、

そして、マップにも載ってないほどの細い道を海側に降りると、

このマップの上側の浜に行けるようになってます。



着くとそこは、遠浅で、真っ白な砂浜!



まさに!プライベートビーチです!

ヽ(゜▽、゜)ノ


この日、土佐湾沖を通り過ぎた台風14号の影響で
高知県沿岸は2メートルの波。と気象台は発表してましたが

ココは、それがウソみたいに波が穏やか♪



さっそく、

浜の右側へエントリーしてみました♪

水深はだいたい2〜5メートルぐらい。

シュノーケリング(素潜り)で十分楽しめます♪


さすが!!!

と、叫びたくなるぐらいの、

シロコサンゴやソフトコーラルの群生!そして魚種♪

ツノダシの群れ↑



クロホシイシモチの群れ↑



ソフトコーラルには、クマノミくん♪



ルリスズメやソラスズメもたくさん!



アオヤガラがゆ〜〜〜っくり泳いでたり。



底では、ハリセンボンもお休み中♪






ホント!自然の水族館です!♪



そして、


お次は、


浜の左側の磯にエントリーしてみました♪



ココは、だいたい水深3〜7メートルぐらい。

磯(岩場)という事もあって、魚影が大きめ


そして、その数もハンパなかったです♪



ニセカンランハギやチョウチョウオ


岩場から、ぬぅ〜〜〜〜っと出てきた

コロダイは、

かなり立派なサイズでした!




まとめ。。。


色々調べてみたら、
夏休みには、ちらほら遊びに来られる方もいらっしゃるようですが、
あんまり知られてないので、
ピークの時でも、人は少ない感じなので、気兼ねなくゆっくりできますね。
それに、波が穏やかなので、小さいお子さん連れでも安心の浜です。

あ、でも
近くに民家はありますので、
大音量で音楽!とかは避けたほうが良いと思います。。。
(^▽^;)

あと、
シャワーや水まわりが一切ありませんので、
水タンクは持参していくと、大変便利です。
(あっ、おトイレもないですので、自然に帰りましょう。笑)


でも、高知県に住んではいるものの、
まだまだ知らない絶好のポイントがたくさんあるんだな〜と
改めて思いました。





=大月町白浜=

場所と道順(国道56号線分岐あたりからラインを入れてます)
Googleマップより…http://g.co/maps/st9k8

高知の海 『大月町柏島』

高知でも、

沖縄並みの海に出会いたかったらココ!



豊後水道と太平洋の境にある
幡多郡大月町柏島

本土から橋でつながれているので、島にはすぐ上陸できます。
(写真奥が、宿毛市沖ノ島)


高知市内から3時間半。。。。。
ちょっととおい。。。泣


でも、これだけの時間をかけても
行って良かった・・・♪

と、思わせるだけの海がそこには待ってます。




柏島近海は、温帯域ですが黒潮が流れ込んでいるため

熱帯性の生き物も豊富で

確認された魚種は1000種近いといわれています。
(大月町公式HP…サンゴの海海の生き物たち)



魚影の宝庫なので、
釣りやダイビング、色んな海遊びができるのも
この島のいいトコ。

釣り客。ダイビング客にもうれしい旅館もたくさんあります。
(大月町観光協会公式サイト…宿泊施設)



今月の月刊ダイバー(8月号)でも紹介されてました。


そう、ここ柏島は、全国的にも有名はダイビングスポットでもあります。





今年の8月初旬に、柏島の内海で、撮りました。
>
台風一過の日だったので、
いつもよりはちょっとニゴニゴだったのがちょっと残念でしたが…


水深だいたい5メートルぐらいの浅瀬です。


クマノミくん♪ 可愛いでしょ?

 

地面は真っ白な砂地。(かくれんぼしてます)

周りに、サンゴや貝類が豊富な事を物語ってます。




この時は、ボンベなしで、素潜りでしたが、


ここの内海は、波もおだやかなので、素潜りでも十分楽しめますょ♪






はじめて
柏島の海に潜ったとき、


海底にちょこんと座ってみたんです。

すると、

目の前に広がる海中の景色と、

水面からキラキラと射す光と、

プチプチ・・・っと泡の弾けるような小さな音を感じました。


その時
その空間に一瞬にして魅せられ


私は、ずっとそのままここにいたいと思いました。
(息が続かなかったけど…笑)



それから毎年、訪れてます。

疲れた時は特に。






心を穏やかにしてくれる。。。

そんな空間が、柏島にはあります。



是非行ってみてください♪



=大月町・柏島=

…地図…

=大月町・柏島関連サイト=
大月町観光協会HP…http://www.otsuki-kanko.jp/index.html
大月町公式HP…http://www.town.otsuki.kochi.jp/index.html



 



 
JUGEMテーマ:地域/ローカル

高知の海 『東洋町白浜海岸』

こんにちは!
やのまいです!

前日のブログで、ちょびっとふれました
『やのまい的高知のいいトコのご紹介』

さっそく、始めていきたいと思います♪



記念すべき!第1回目はっ!
(何記念ょ?(^^;)


高知市内から車で2時間半ぐらい。


高知県の東の端
徳島県との県境に位置する、東洋町の

白浜海岸です。(・∀・)/

ここは、遠浅で、湾内にあるので、比較的波もおだやか。

小さいお子さんを連れての海水浴には持ってコイの海岸です♪

干潮の時には、目の前の島まで陸続きになるため、
磯遊びも十分出来ます♪

もちろん、海もキレイ!


無数のソラスズメや、ルリスズメ。チョウチョウオなど

自然の水族館を
シュノーケリングでも十分楽しめます♪




何よりうれしいのが、併設されてるホテルと温泉。



そして、芝生いっぱいのキャンプ場!



おまけに新鮮な海産物満載の道の駅。





至れり尽くせりのレジャースポット

東洋町白浜海岸です!



かくいう私も、
この夏何度も来てます。
(おかげで、今年も年甲斐もなくまっくろクロスケ)

あの、デッカイ台風の時も…
(海には入れなかったケド…泣)



一つ西には、全国的にも有名なサーフスポットの生見海岸
一つ東には、ここもサーフスポットの宍喰海岸があり、
この近辺は、県内外から足を運ぶ方も多くおられます。
アクティビティーとしては他にもダイビングなんかも有名。
(甲浦や宍喰の方に、ダイビングショップもあります)




夏休みの宿題もラストスパート!

29,30,31日で済ませるとして…

この土日は、


遊んじゃえ〜〜〜!!

ヽ(゜▽、゜)ノ



(なんて言ったら、世の親御さんにオコラレますかね?笑)
( ´艸`)テヘ




=白浜海岸キャンプ場=

東洋町webサイトURL http://www.town.toyo.kochi.jp/joho/section/shirahama_camp.htm
〒781-7413
高知県安芸郡東洋町白浜大字88−3
TEL:0887-29-3770 (株)東洋リ・ボルト
受付営業時間 9:00〜17:00
・1日1サイト600円
(1泊2日1サイト利用の場合1200円)
・テント、毛布、バーベキューセットなど貸出もあり

【大浴場】
営業時間PM1:00〜PM8:00
利用料600円
サウナあり


=白浜ホワイトビーチホテル=

URL http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/68190/68190.html
〒781-7413
高知県安芸郡東洋町白浜88-8
TEL 0887-29-3344
FAX 0887-29-3032
チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
交通アクセス 阿佐海岸鉄道 甲浦駅より徒歩15分(送迎有り)
駐車場 有り100台





JUGEMテーマ:地域/ローカル



| 1/1PAGES |

うげうげ王国とは!?

最新記事

カテゴリー

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

月別 archives

recent comment

うげうげブログ内から検索!

携帯から見る!

qrcode

リンク